UPCYCLE MAKE YOU INSPIRE あまり布から、今までになかったアイデアを

facebookページへ

下へ

CONCEPT

「裂き織り」で眠っていた布に新しい命を吹き込む
「さっこらproject」

裂き織りとは?
東北地方に古くから伝わる「裂き織」は、木綿が貴重だった時代に生まれた「暮らしの知恵」です。それは単なるリサイクル技術ではありません。布への愛着、大切に扱う気持ちも織り込まれています。
工程を見る
動画を見る
新たな価値を生み出す
「さっこらproject」は、アパレルメーカーなどで眠っているあまり布を、障がい者を含む東北の織り子たちの技術によって裂き織にし、あらたな魅力を持った生地として納品するプロジェクト。新しい命が吹き込まれたその生地には、今までになかった価値を創造する、大きな可能性が秘められています。
作業のようす

BUSINESS MODEL

B to B

「さっこらproject」は、アパレルメーカーやブランドなどの企業をパートナーに想定した「B to B」のビジネスモデルです。

企業が持っているあまり布(残反)を「お預かり」し、裂き織の技術を使って新しい生地に再生。今までにない価値を持つ素材としてお戻しします。

織り作業を担当するのは、地域の支援学校などで裂き織を学んできた障がい者や、地域の伝統技術を継承する裂き織サークルのメンバーを含む「幸呼来Japan」チーム。これまでさまざまな企業とコラボレーションしてきた経験、知識をいかし、ロットや仕様などにも柔軟に対応します。

さっこら japanの概念図

概念図を表示

EXAMPLE

EDWIN GANF エドウィン社のジーンズ工場のデニム端材を使用したシリーズ

EDWIN GANF、展示のようす
EDWIN GANF ラインナップ

ジーンズ工場から大量に発生する、デニムの端材を使って織り上げたファブリックを使用。そのほかレザー、フリースなどにも幅広く対応できる。

  • CASE

  • 新しい価値を生み出す、ひらめきのみなもと

中川政七商店

SEE MORE

CASE

中川政七商店

2016年に奈良に本社を置く中川政七商店の創業300周年を記念して開催された大日本博覧会岩手博覧会で発表されたバッグシリーズ。ラインナップのシロ、クロ、アカの3色の生地には、それぞれ中川政七商店で行き場を失っていた3種類の布がブレンドで使用されている。

  • 余り布
    ① 中川政七商店のストックの余り布
  • 裂いて横糸
    ② 均等の幅に裂いて横糸にする
  • 裂き織生地のサンプル
    ③ 織りあがった裂き織生地のサンプル
  • バッグ
    ⑤ さっこらトートバッグ 、さっこらポシェット、さっこらポーチ(レッド)
  • バッグ
    ⑥ さっこらトートバッグ 、さっこらポシェット、さっこらポーチ(シロ)
  • バッグ
    ⑦ さっこらトートバッグ 、さっこらポシェット、さっこらポーチ(クロ)

ANREALAGE

SEE MORE

CASE

ANREALAGE

2014年にBEAMS 創造研究所とヤフー復興支援室が東京デザイナーのクリエーションと東北のものづくりをコラボレーションさせる「TOKYO DESIGNERS meet TOHOKU」を立ち上げた際に、東京のコレクションブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」とのコラボレーションで生まれた裂き織ジャケット。「ANREALAGE」のプリント生地を裂き織の素材として使用した。

  • ANREALAGEのオリジナルプリント生地
    ① ANREALAGEのオリジナルプリント生地を材料に
  • 裂き織ノーカラーJKT
    ② ANREALAGE 裂き織ノーカラーJKT。パッチワークプリント生地を使い裂織りによりツイードのようなまるで異なる表情のものへ織り上げた。
  • ブルゾン
    ③ 袖のニットに合わせて、身頃に裂き織で凹凸をつけたアランニットのような柄を表現したブルゾン。

SPINGLE MOVE

SEE MORE

CASE

SPINGLE MOVE

ゴムメーカーとして創業した広島県府中市のハンドメイドスニーカースピングルムーヴ。「東北の伝統技術をスピングルに」をテーマに、岩手県盛岡市の夏祭り「さんさ踊り」の浴衣地を素材に使ったスニーカー。

  • 「さんさ踊り」の浴衣地
    ① 「さんさ踊り」の浴衣地を素材に
  • コラボ商品
    ② SPINGLE MOVE SPM-188(イエロー)
  • コラボ商品
    ③ SPINGLE MOVE SPM-188(ネイビー)

CONTACT

名前必須
ふりがな
メールアドレス必須
郵便番号
ご住所
会社名
電話番号
お問い合わせの内容必須
※フォームで得られたお客様情報は返信のみに利用いたします。

さっこら project
運営会社
所在地
  • 〒020-0126
  • 岩手県盛岡市安倍館町19-41
連絡先
  • 電話 :019-681-9166
  • FAX :019-681-9165
設立 2011年9月15日
代表取締役 石頭 悦